サービス学会 第11回 国内大会

サービス学会 第11回 国内大会(2023年3月8日〜10日)

サービス学会の第11回国内大会を開催します。

  • 期日:  2023年3月8日(水)~ 10日(金)
  • 会場:  京都大学 吉田キャンパス(百周年時計台記念館)
  • テーマ: Serviceology in Designing the Future Society
         未来社会をデザインするサービス学
          - デジタル革新と創造力の両輪で価値共創の未来社会へ -
  • 概要:
     サービス学会は、科学的なサービスの体系化や産業界の問題解決を図る研究活動を推進し、サービスに関する討議・連携の場を提供することを目的としています。10年ぶりに京都で開催となる第11回国内大会では、パンデミックによって変化した社会において、より良い未来を構築するための方法論や事例を中心に議論を深めます。サービスデザイン、価値共創、メタバースなど先端技術を活用したサービス応用、ソーシャルエンゲージメント等々、未来社会の形成に有意義な内容の討議を目指します。口頭論文発表、ポスター発表のセッション、並びに、基調/招待講演、パネル討論、オーガナイズドセッション、国際セッション、懇親会、オプショナルツアーなどの企画を予定しています。皆様、奮ってご参加ください。

  • 開催形態:    原則対面による開催(一部のセッションのみハイブリッド形式の発表を予定)
  • 主催:      サービス学会
  • 大会実行委員長: 原 良憲(京都大学) →組織体制

  • 参加費および参加登録:
    準備中

  • 大会提携ホテル:
    リッチモンドホテルプレミア京都四条 →料金、予約方法についてはこちら(準備中)

  • 学生の皆様へ:
     学生会員による論文発表において、優秀な発表に対しては、学生奨励賞を授与いたします。 現在、学生会員の入会金・年会費の免除を行っています。(詳細ページをご覧ください。)今回の国内大会での発表や参加を機会に、サービス学会への入会をぜひご検討ください。

What's New

  • [8/23] OS募集ページを公開しました。
  • [8/1] Call for Case Study Proposalsを公開しました。
  • [7/21] 第11回国内大会のスケジュールを更新しました。
  • [7/20] 第11回国内大会のウェブページを更新しました。
  • [6/9] 第11回国内大会のウェブページをオープンしました。

スケジュール

  • オーガナイズドセッション(OS)締切: 2022年 9月30日(金)
  • 論文アブストラクト投稿締切: 2022年11月11日(金)
  • 論文採択通知: 2022年12月下旬頃
  • 発表論文原稿(予稿)提出締切:2023年1月27日(金)
  • 参加登録(早期登録)締切:2023年1月31日(火)
  • 大会提携ホテル(リッチモンドホテルプレミア京都四条)予約締切:2023年1月31日(火)
  • 学術発表プログラム公開 2023年2月上旬
  • 参加登録(通常登録)期間:2022年2月1日(火)〜3月3日(金)
  • 第11回国内大会プレセミナー: 2023年3月上旬頃
  • 第11回国内大会: 2023年3月8日(水)~10日(金)

大会実行委員会

  • 実行委員長  原 良憲(京都大学)
  • 実行副委員長 南 知惠子(神戸大学)
  • 実行副委員長 スプリング・ハン(京都大学)
  • 委員
    • 佐野 楓(和歌山大学)
    • 増田 央(京都外国語大学)
  • ローカル アレンジメント・広報等
    • 徳山 葉子 (京都大学)
    • 中嶋 恵梨子(京都大学)
    • 吉岡 慎太郎(京都大学)

プログラム委員会

  • 委員長  持丸 正明 (産業技術総合研究所)
  • 副委員長 山内 裕 (京都大学)
  • 副委員長 赤坂 文弥 (産業技術総合研究所)
  • 委員
    • 嶋田 敏 (京都大学)

協賛企業・団体(予定を含む)(順不同)

  • 株式会社日立製作所、日本電気株式会社、
    日本テレネット株式会社、株式会社太洋堂、株式会社チップワンストップ、
    株式会社FunMake、和歌山大学国際観光学研究センター

国内大会キーワード一覧

  • A. サービスデザイン (A. Service Design)
  • B. 価値共創 (B. Value Co-creation)
  • C. サービス・イノベーション (C. Service Innovation)
  • D. サービスのデジタルトランスフォーメーション (D. Service Digital Transformation)
  • E. 社会的価値・持続可能性・ウェルビーイング (E. Social Values, Sustainability, Well-being)
  • F. 顧客/従業員満足・ソーシャルエンゲージメント
     (F. Employee/Customer Satisfaction, Social Engagement)
  • G. 製造業のサービス化・プロダクトサービスシステム (G. Servitization, Product Service System)
  • H. メタバース(VRなどによる仮想空間を活用したサービス)とそのエコシステム (H. Metaverse)
  • I. ブロックチェーン、Web3、NFTのサービス応用 (I. Blockchain, Web3, NFT, etc.)
  • J. COVID-19 × サービス学 (J. COVID-19 × Serviceology)
  • K. 倫理的・法的・社会的問題(ELSI) (K. Ethical, Legal and Social Issues)
  • L. サービス・エコシステム (L. Service Ecosystem)
  • M. サービス学の方法論 (M. Methodology)
  • N. サービス生産性 (N. Service Productivity)
  • O. サービス標準 (O. Service Standards)
  • P. サービス測定・行動観察 (P. Measurement, Behavior Observation)
  • Q. サービスモデル・数理的方法 (Q. Modeling, Simulation)
  • R. サービスマーケティング (R. Service Marketing)
  • S. サービス経験 (S. Service Experience)
  • T. サービス品質 (T. Service Quality)
  • U. 組織戦略 (U. Organizational Strategy)
  • V. 業界事例研究 (V. Service Industry Practices)
  • W. サービス関連教育 (W. Service-related Education)
  • X. 観光システム・ツーリズム、スマート・ツーリズム (X. Tourism System)
  • Y. ホテルマネジメント、ホスピタリティ産業 (Y. Hotel Management, Hospitality Industry)
  • Z. ヘルスケアサービス (Z. Healthcare Service)

その他

  • 第11回国内大会に関する問い合わせ:サービス学会第11回国内大会実行委員会事務局service_d11_info@serviceology.orgまで問い合わせください。

 

PAGE TOP