サービス学会 第10回 国内大会

サービス学会 第10回 国内大会(2022年3月7日〜9日)

サービス学会の第10回国内大会を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

What's New

  • [10/6] 口頭発表・ポスター発表申込の受付を開始しました。これに伴い参加費と学生奨励賞も追記しました。
  • [9/17] OS募集を行いました。
  • [9/17] 第10回国内大会のウェブページをオープンしました。

開催形態・プログラム

  • 3/7(月), 8(火) :口頭発表、OS発表、ポスター発表(完全オンライン開催)
  • 3/9(水) :プレナリ、基調講演、シンポジウム等(メインホールでの一室現地開催、中継あり)

学術発表を全てオンライン形式にしたハイブリッド開催です。6月の会員向け活動報告会では、3/8(火),9(水)の二日間の予定にてお伝えしていましたが、適切な学術発表プログラムの運営*のため、3日間に拡大して開催することになりました。なお、8(火)は、9(水)に現地参加する方々の前泊移動などを考慮し、早めにプログラムを終了予定です。
  * 十分な発表・質疑時間の確保、適切な同時セッション数、ポスター発表の分割など

参加費(予告)

  • 全日程に参加の場合、参加費は以下の通りです(第8回国内大会までの参加費と同じ水準です)。
    • 早期)正会員:10,000円、学生会員:5,000円、非会員:15,000円、学生非会員:8,000円
    • 通常)正会員:12,000円、学生会員:7,000円、非会員:17,000円、学生非会員:10,000円
  • 発表と聴講とで参加費に変わりはありません。
  • 従来の1日参加に相当する種別を設けるかどうかについては、ただいま検討中です。この点も含め、参加費の詳細および正式版は11月頭にお知らせ致します。

  • 学生の皆様におかれましては、周年記念事業の一環として行われる「学生会員の入会金・年会費の優遇についてのお知らせ」もご確認ください。第10回国内大会への参加(発表・聴講)を目的とした新規入会者について、2021年度の年会費と入会金が優遇されます。これを機会に学会への入会をぜひご検討ください。

スケジュール

  • 発表申込(演題登録)期間:2021年10月4日(月)〜11月12日(金)(予定)
  • 採択通知:2021年12月23日(予定)
  • 発表論文原稿(予稿)提出締切:2022年1月28日(金)(予定)
  • 大会プログラム公開 2月上旬(予定)
  • 第10回国内大会会期 2022年3月7日(月)~ 9日(水)

口頭発表・ポスター発表


オーガナイズドセッション(OS)

  • OSの公募について
  • OSで発表予定の方は、発表申込の際、希望発表形式で[口頭(オーガナイズドセッション)]を選び、関連セッションキーワードでOS名を選択してください。

表彰

  • 第10回国内大会では、従来の大会優秀賞、ベストポスター賞に加え、学生奨励賞を設けます。その他、研究奨励賞、現場実践賞など発表内容に特徴に応じた選考・贈賞も検討中です。
  • 学生奨励賞は、学生会員による発表の中から選出されます(学生非会員の発表も可能ですが、非対象です)。

  • 実行委員会

    • 大会実行委員長 水流 聡子(東京大学)
    • 大会実行副委員長 西野 成昭(東京大学)
    • 大会実行副委員長 原 辰徳 (東京大学)
    • 委員
      • 木見田 康治(東京大学)
      • 野中 朋美(立命館大学)
      • 蔵田 武志(産業技術総合研究所)

    プログラム委員会

    • 委員長 持丸 正明 (産業技術総合研究所)
    • 副委員長 水流 聡子 (東京大学)
    • 副委員長 竹中 毅 (産業技術総合研究所)
    • 副委員長 内平 直志 (JAIST)
    • 委員
      • 幸島 明男 (産業技術総合研究所)
      • 白肌 邦生 (JAIST)
      • 成瀬 博 (NEC)
      • 山本 吉伸 (福知山公立大学)
      • 井上 祐樹 (広島大学)
      • 増田 央 (京都大学)

    その他

    • 第10回国内大会に関する問い合わせ:サービス学会第10回国内大会実行委員会事務局service_d10_info@serviceology.orgまで問い合わせください

 

PAGE TOP