ホーム > イベント > 国内大会

国内大会 domestic events (in Japanese)

2019年度サービス学会 第7回 国内大会(開催日:2019年3月2日〜3日)

サービス学会(Society for Serviceology)の第7回国内大会を東京で開催します。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

  • 期日: 2019年3月2日(土)~ 3日(日)
  • 会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス
  • 主催: サービス学会
  • 大会実行委員長:日髙 一義(東京工業大学)

7th Annual meeting of Society of Serviceology

  • Date : March 2 Saturday and March 3 Sunday, 2019
  • Venue: Tokyo Institute of Techonology, Tokyo, JAPAN

参加・聴講登録


口頭発表・ポスター発表募集

  • 募集を開始しました。
  • 発表アブストラクト申込締切:2018年11月5日
  • アブストラクト査読結果通知:2018年12月18日
  • 原稿締切:2019年1月28日
  • 投稿用フライヤーはこちらです
  • 発表申込はこちらをご参照ください

  • オーガナイズドセッションの公募

    OSの募集は終了しました.

    【応募方法】
    下記の4項目をご考案のうえ、オーガナイズドセッション応募の旨とセッション情報を次の宛先にメールにてお送りください。プログラム委員より折り返し連絡致します。

    提案先: service_d7_os@serviceology.org
    提案締め切り: 2018年8月27日(月)
    件名: OS提案(【セッション名】)
    本文:
    1) セッション名
    2) オーガナイザのお名前、ご所属とご連絡先(メールアドレス)
    3) OSの概要(500文字以内)
    4) 全講演者氏名と全発表タイトル

    【注意事項】
    ● 一つのOSは3件から8件程度の講演で構成してください。
    ● 提案されたOSはプログラム委員会で審査し、9月上旬に採否をご連絡いたします。
    ● サービス学と関連性の低いセッションは不採択となる可能性があります。
    ● 類似するセッションがあった場合、セッションの統合をお願いすることがあります。
    ● オーガナイズドセッション講演者の方からも一般セッション講演者と同様に参加費をいただいております。なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。
    ● オーガナイズドセッションでの発表も、一般セッションでの発表と同様に、大会公式サイトからの発表申込が必要です。申込時に、希望するセッションをご指定ください。
    ● OS発表の講演についても、一般セッションの講演と同様にアブストラクトの提出をお願いしております。
    ● OS発表の講演については論文の提出は必要ありません。ただし、希望者は論文を投稿し、講演論文集に掲載することができます。その際、論文の査読はいたしません。

    質問などありましたら、service_d7_os@serviceology.orgまでお願いします。

    プログラム委員OS担当: 木見田 康治(首都大学東京)、緒方 大樹(東京工業大学)


    アクセス


    実行委員会

    • 大会実行委員長:日髙 一義(東京工業大学)
    • 大会実行副委員長:持丸 正明(産業技術総合研究所)
    • 橋本 正洋(東京工業大学)
    • 三宅 美博(東京工業大学)
    • 緒方 大樹(東京工業大学)
    • 丸山 文宏(富士通研究所)
    • 山内 裕(京都大学)
    • 武山 政直(慶應義塾大学)
    • 平井 千秋(日立製作所)
    • 木見田 康治(首都大学東京)
    • 根本 裕太郎(東京都立産業技術研究センター)
    • 渋田 一夫(富士ゼロックス株式会社)
    • 三輪 洋靖(産業技術総合研究所)
    • 井上 祐樹(産業技術総合研究所)

    その他

     

    PAGE TOP