ホーム > イベント > 国内大会 > 口頭発表・ポスター発表

国内大会:口頭発表・ポスター発表

2019年度サービス学会 第7回 国内大会(開催日:2019年3月2日〜3日)

口頭発表・ポスター発表への申込

  • 発表申込URL:https://sfs.confit.atlas.jp/login
  • 発表申込(アブストラクト)締切:申込は締め切りました.多数のお申込をありがとうございました.
  • 査読結果通知:2018年12月18日(火)
  • 発表論文原稿締切:2019年1月28日(月)
  • 発表申込の方法:
    • 発表申込は上記URLから行ってください。申込時に必要となるアブストラクトの作成要領もご一読下さい。
    • 発表論文原稿締切までに参加申込を必ず完了して下さい
    • 同一題目の第1報〜第n報には必ず副題を入れてください。
    • セッションキーワードについて
      セッションキーワードを別欄の通り設定しました。このキーワードは査読のためのものです。このとおりセッションが設定されるわけではありません。
  • アブストラクトの作成要領:
    • 提出形式:1,000文字以内(発表申込画面に入力してください)
    • 内容:タイトルおよび研究内容がわかるように記載してください。
    • 参考文献:アブストラクトの段階では不要です。発表講演論文には入れてください。
    • 申込方法がわからない場合はservice_d7_info@serviceology.orgまでお問合せください。
  • プログラムについて:
      プログラム編成はその編成権をプログラム委員会が持ち、また責任をもって行います。その結果、ご希望のセッションとは異なるセッションでの発表になることがありますので、あらかじめご承知おきください。口頭発表・ポスター発表の別もプログラム委員会にて決定いたします。また、プログラムは原則として変更できません。
  • 登壇者変更および発表申込の取消について:
    • 発表申込時の題目・登壇者の変更は原則として認めません。
    • 発表申込締切日を過ぎての申込キャンセルは原則として認めません。必ず発表論文を提出し発表を行っていただきます。登壇者が病気や事故等のやむを得ない理由で発表できない場合は、連名者が代わりに発表するものとします。この点については、発表申込の前に、連名者に必ずご確認ください。

参加申込

  • 参加申込URL:https://sfs.confit.atlas.jp/login 2019年2月15日まで、事前払い割引適用となります!
  • 参加費:
    費用はすべて課税対象外です。Presentation Sessionでの発表をする方もしない方も、参加費用は同額です。ただし、事前支払いでの参加登録をされた方であっても、上記締切日までにお支払いが確認できない場合は、当日支払い参加費とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

    後援団体会員の方は、サービス学会会員と同価格で参加できます(後援団体のリストはこちらをご参照ください)

    会員区分 事前支払い参加費 当日支払い参加費 事前支払い1日参加費 当日支払い1日参加費
    正会員 10,000円 12,000円 5,000円 6,000円
    学生会員 5,000円 7,000円 3,000円 4,000円
    非会員 15,000円 17,000円 8,000円 9,000円
    学生非会員 8,000円 10,000円 4,000円 5,000円
  • 当日参加について
     当日参加をご希望の方は、当日受付にて参加申込み開始を行って下さい。
     ただし発表者の方は必ず、発表論文原稿締切の1月28日までに、事前登録と事前支払いを行って下さい。
  • 懇親会(3月2日夜)
     一般 7,000円 学生 4,000円(事前申し込みのみ、当日受付は行いません)

発表論文原稿作成の要領について

ポスター発表の要領について

  • ポスター発表とは
     ポスター発表は、大人数の前で口頭発表し、短い時間で質疑をする形式ではなく、ポスターの前の少人数に対して説明し、説明している間にも質問を受け、そのやりとりのなかでお互いの議論を深めていく発表形式です。
     本学会では、テーマに新規性がある、また、具体的内容について時間をかけて直接議論を行うことが有用であると思われる研究論文、および、発表者との対面型インタラクションの中で研究内容の理解を深めるべきと判断した研究論文については、ポスター発表の方が適切であると考えております。
     また、互いの顔をおぼえやすいため、若手研究者にとっては自己アピールの好機であり、関係の輪を広げる格好の場ともなります。ぜひ今回の機会を積極的にご活用ください。

  • ポスターの作成
     ポスター発表では、事前にポスターを印刷いただき、それを会場内の決まった場所に、決まった時間に貼りだしていただきます。ポスターを用意する際には、以下の点に留意して下さい。なお、ポスター発表についても論文原稿の作成は必須です。
    • サイズ
       ポスターを貼るために用意されますエリアは、発表1件につきA1版縦置きのスペースが1つです。可能であれば、A1版縦長の大きな紙にポスターを御用意いただき、その1枚のポスターを貼っていただくのが良いと思います。ただし、そのような大判の印刷が難しい場合、A4版、A3版のものを並べて貼っていただいても結構ですが、文字の大きさにご注意ください。
    • 書くべきコト
       まず、題目、著者、所属を記し、発表者(説明者)の前に○を付してください。その上で、研究の具体的内容を記載して下さい。発表論文の文章を単に羅列することは避け、簡潔な記述を心がけて下さい。
    • 字の大きさ
       題目は72ポイント程度、内容の文字も48ポイント以上のサイズを目安にしてください。
    • 図表やデータ
       参加者の多くは、当日歩き回りながら興味を引くポスターを探すものと予想されます。したがいまして、なるべく図やグラフを用意し、その場で参加者の関心を引くことをこころがけてださい。
    • 文章
       ポスターの前にいつも説明者が居るとは限りません。ポスターのみが掲示されていて、それを参加者が読んでいるという時間もあります。したがって、ポスターを見るだけで、ある程度、内容が分かるような文章を記載して下さい。パワーポイントのスライドでは、それを示しながら発表者が話すことを前提としていますから、内容を口頭で補完できますが、ポスターではそれができません。だからといって、論文のように細かい字ばかりが並んでいても、なかなか読んでもらえません。図やグラフを用いながら、概要やポイント、シナリオがわかるように記載して下さい。
  • ポスターの掲示
     ポスターは事前に印刷して会場に持参いただき、御自身で指定の場所に貼っていただくことになります。 具体的な掲示場所および、掲示時間帯などの詳細は、別途ご案内します。
発表原稿は学会当日以降に公開されます

国内大会キーワード一覧

  • サービス・イノベーション
  • 製造業のサービス化/プロダクト・サービス・システム
  • 組織戦略
  • 従業員理解
  • サービスデザイン
  • サービス・エコシステム
  • 倫理的・法的・社会問題(ELSI)
  • 社会的価値・持続可能性・ウェルビーイング
  • サービス品質・顧客満足・ロイヤルティ
  • サービス測定・行動観察
  • サービスモデル・数理的方法
  • ビッグ&ディープデータ活用
  • 価値共創
  • サービス経験
  • サービス生産性
  • サービス学の方法論
  • 業界事例研究
  • サービス関連教育

PAGE TOP