ホーム >【周年記念事業】学生会員の入会金・年会費の優遇

【周年記念事業】学生会員の入会金・年会費の優遇のお知らせ news

2021年10月4日
サービス学会 会長 原 良憲

 2022年10月にサービス学会は設立10周年を迎えます。周年記念事業の第一弾として、学生の研究活動・交流の支援を目的に、2026年度末までの間、学生会員の入会金・年会費を優遇することを理事会で決定致しましたので、お知らせ致します。

目的

  • サービス学会ではサービスに関わる「社会のための学術」 の構築とともに、様々な産業課題の解決に寄与する、産業界・学術界への人材輩出を目指しています。そのためには、多くの学生の皆さんにサービス学について知ってもらい、いつでも最新のサービス研究に触れ、交流できる場として、卒業後にもサービス学会を活用したいと思ってくれるような機会の提供が重要と考えます。
  • そこで、国内大会などにおける学生の発表・交流を増やし、奨励し、またビジビリティを高めていくための最初のステップとして、学生会員の入会金・年会費を一定期間優遇します。

内容

  • 優遇内容:入会金・年会費の免除
  • 優遇期間:周年記念事業として2026年度末まで(以下のA+B)
    • A. 2022年4月-2027年3月の5年間
    • B. 2021年10月-2022年3月の先行適用(10周年の第10回国内大会への参加を契機とした入会者が支援対象)

対象者

  1. 入会年度に関わらず、優遇期間である2022年度-2026年度にサービス学会に在籍する学生会員
  2. 2021年10月-2022年3月に第10回国内大会への参加を目的とした新規入会の学生会員
    第10回国内大会では、学生奨励賞は学生会員であることが受賞要件となります。そのため、第10回国内大会への参加(発表・聴講)を目的とした新規入会の学生会員の皆さんにおかれましては、入会金・2021年度の年会費を優遇します。

学生会員の資格維持

入会金・年会費の優遇にあたり、学生会員の資格維持のための手続きを明確化します。

  • 所属機関が発行する在籍を証明できる書類(学生証)の写し等、学生会員の資格証明の提出が必要となります。
  • 毎年、(a)学生会員の継続(資格証明の提出)、(b)正会員への移行、および(c)退会のいずれかを選択いただきます。

今後のアクション

  • 2021年10月〜2022年2月末:第10回国内大会への参加を目的とした新規入会の学生会員への優遇策を先行適用
    • 国内大会への参加登録には、入会申込後にメール送付される会員番号とパスワードでの参加登録が必要です。
      (発表・聴講いずれの場合も参加登録が必要です。詳細は12月頃に案内予定です)  
    • 国内大会での発表者は、上記の参加登録とは別に発表申込(演題登録)が必要です。
      発表申込の期限までに入会申込を済ませた上で、Confitの発表申込フォームにも会員番号をご記載ください。
  • 2022年1月〜4月:2022年度資格証明の提出、会員資格継続の意思確認
    • 以降、毎年4月に当年度の資格証明の提出、会員資格継続の意思確認を行います。
    • 新規学生会員の入会(資格証明の提出、優遇の適用を含む)は随時受付します。

 


PAGE TOP