ホーム >SIG活動

Education SIG サステナブルサービスエデュケーション

  • 目的
    • 持続可能性を高めるサービスや無形財、というものを考え、成立要件に関して研究していきます。まずはDXやSDGs教育や人材育成、コンテンツビジネスや地域企業にフォーカスした形で考えていきます

  • メンバー
    • 主査:鈴木秀顕(学会員、一般社団法人 社会デザイン協会)、副主査:佐藤慎一 (任意団体 Circular In-finity)

  • 活動計画
    • 世界各国はSDGsを標榜し、その社会情勢は有形財から無形財、アナログからデジタル、生産者志向から顧客志向、成長経済からサーキュラーエコノミーへと遷移している中、その変化に対応できるレジリエンス力が高い人の育成が求められている。しかしながら、そのような人を育てるべく現行の教育制度は、硬直した状態から脱しきれず、イノベーションへの対応に苦慮している状態が続いている。そのような状態の中、レジリエンス力が高い人を育成するための抜本的な改革による教育の研究するべく、サステナビリティサービスエデュケーションSIGは活動します。具体的には、カリキュラム、教授の場、教授方法等老若男女に関わらず、とりわけ、教育のDX化を進めた先の教育を研究していきます。常時、Slackで研究の進捗報告を重ねながら、三か月に一度、オンラインやメタバース上で勉強会を開催していきます。

  • 御関心のあるかたへ
    • sse[at]ikou.jp にご連絡ください。[at]はアットマークに変換して御使用ください。
      SIG活動にあたって登録された個人情報は、サービス学会におけるSIG活動以外の目的には使用いたしません。

  • 活動情報
    • 7月4日(月)17時よりオンラインにてキックオフMTGを開催する予定です。
      積極的な参加を歓迎します。御関心のある方は上記に御連絡ください。

 

PAGE TOP