表彰 award

サービス学会 表彰規程

制定:平成29年1月30日

第1章 総則

第1条 本学会定款第4条にもとづく関係事業として、業績ある者の表彰は、この規程により行う。

第2条 表彰の種類は、次のとおりとする。
(1)大会優秀賞
(2)学会活動貢献賞
(3)その他、理事会で特に認めた賞

第3条 前条の各表彰の候補者または候補を調査選定するため、本学会に各表彰に選考委員会を設け、それぞれの委員会に委員長をおく。

第4条 各表彰の受領者は、前条の委員会委員長の報告にもとづき、理事会の議決により決定する。

第5条 各表彰の賞状等は、定時総会、国内大会、国際会議その他適当な機会に贈呈する。

第6条 前条の贈呈を行ったときは、受賞者の氏名、業績の内容等を本学会の会誌において速やかに発表する。

第2章 大会優秀賞

第7条 大会優秀賞は、国内大会・国際会議に発表された論文のうち、特に優秀なものを選び、その登壇者に贈呈する。  2.国際会議においては、大会優秀賞の名称をICServ Best Paper Awardとする

第8条 大会優秀賞は、原則として国内大会・国際会議の開催毎に2名以内を選定し、賞状を贈呈する。

第9条 大会優秀賞の選考は、国内大会・国際会議の終了後速やかに行う。

第3章 学会活動貢献賞

第10条 学会活動貢献賞は、本会の特定分野の運営、または会員サービスの向上等に関して、顕著な貢献を行った個人、または組織のうちから、毎年3名以内を選考して贈呈する。

第11条 学会活動貢献賞を受ける者は、非会員であっても差し支えない。また、貢献内容が異なるものであれば、同一人が重ねて受賞しても差し支えない。学会活動貢献賞を受ける者が、組織の場合には、その代表者1名とする。

第12条 学会活動貢献賞は、賞状および賞牌を贈呈する。

第4章 各表彰の選定委員会

第13条 第3条による各表彰の選考委員会は、大会優秀賞については大会優秀賞委員会を設置し、学会活動貢献賞については企画総務委員会をあてる。なお、その他の賞については、必要に応じ選考委員会を設置する。
2.大会優秀賞委員会は国内大会・国際会議の開催に合わせて設置する。

第14条 前条の各委員会の委員長は、原則として次のとおりとする。
 イ.大会優秀賞委員会:当該国内大会・国際会議の実行委員長ないしは実行委員長が指名したもの
2.委員長は、委員会の会務を総理する。

第15条 大会優秀賞委員会は、委員長が指名する委員を加えて組織する。

第16条 選考委員会における各表彰の候補者または候補の選考は、別に定める選考手続等により行う。

第17条 委員長は、前条の手続により各表彰の候補者または候補の選考を終わった時は、選考要旨その他所要事項を付してその結果を理事会に報告する。

第18条 選考委員会は、理事会において各表彰の受領者が決定された時をもって解散する。

第5章 資 金

第19条 大会優秀賞、学会活動貢献賞の贈呈のために要する経費は、事業会計から繰り入れるものとする。


学会活動貢献賞

2016年度

表彰者

櫻井良樹氏(学会誌サービソロジー初代編集長)

選考理由

櫻井良樹氏は、2013年4月より学会誌サービソロジーの初代編集長を務められた。学会設立間もない時期において、学会誌の構成、各種規程の整備、編集プロセスの確立、 学会誌編集委員会の体制づくりなどを先導され、学会誌の創刊に多大な貢献をした。本学会誌は創刊から現在に至るまで、会員サービスの中核として、サービス学に係る最新動向の提供、学会内の活動報告、会員相互の交流、対外広報などにおいて極めて重要な役割を果たしている。2017年にはJ-Stageでの電子公開を予定しているが、それも櫻井氏の顕著な貢献がなければ実現し得なかったものである。以上の功績から、櫻井氏に対して学会活動貢献賞を贈賞する。


国内大会・国際会議における表彰一覧(大会優秀賞を含む)

*2015年度までの表彰は、表彰規程の制定前であったために名称が異なります。大会優秀賞=ベストペーパー賞と読み替えてください。また、大会独自の賞も含まれます。

第1回国内大会(2013年,京都)

Best Presentation Award(口頭発表・一般部門)

顧客の参加行動と満足をめぐる構造探索と価値共創支援〜ベイジアンネットワークによる検討〜
芳賀麻誉美,阿久津聡,藤川佳則(一橋大学),小野譲司(青山学院大学)

Best Presentation Award(口頭発表・学生部門)

設計知識管理による製品サービスシステム設計支援手法
根本裕太郎,赤坂文弥,下村芳樹(首都大学東京)

Best Presentation Award(ポスター発表・学生部門)

価値共創パターンからの企業分類による文化的特性の明示

増田央(北陸先端科学技術大学院大学),原良憲(京都大学)

Best Presentation Award(ポスター発表・実務部門)

脳ドック検診における生活者視点でのサービス価値構成の分析
岡宏樹(京都大学),山川義徳,福田紘己(NTTデータ経営研究所),原良憲(京都大学)


第2回国内大会(2014年,函館)

Best Paper Award

観光クチコミデータを用いた類似観光地の発見と満足形成要素の分析
野守耕爾,神津友武(有限責任監査法人トーマツ)

ベストポスター賞

ICTベンダーにおけるお客様との価値共創の実践
岸本孝治,井出浩之,浦田穂積(富士通株式会社)

学生奨励賞

高級消費財購買意思決定におけるImage in Useの脳活動分析
井上正男,Wang Yuqi,白肌邦生,小坂満隆(北陸先端科学技術大学院大学)

ファストフードにおけるメニュー表を使った注文〜エスノメソドロジー分析〜
北野清晃,山内裕,平本毅(京都大学)


第3回国内大会(2015年,金沢)

Best Paper Award

新しい交通サービス実践への道程
中島秀之,田柳恵美子,松原仁,平田圭二,白石陽(公立はこだて未来大学)

選考委員会推薦賞

第10回科学技術予測調査からみたサービス学の位置づけ
小柴等,林和弘,小笠原敦(科学技術・学術政策研究所)

ベストポスター賞

地域社会構想から事業機会創出に向けたきざしの活用
峯元長,土肥真梨子,長谷部浩子(株式会社日立製作所)


第4回国内大会(2016年,神戸)

Best Paper Award

サービス・ベンチマーキングによるサービス・プロフィット・チェーンの高度化に関する研究
竹中毅(産業技術総合研究所) 錦織浩志,渋谷行秀,辻秀敏(MS&Consulting)

便益遅延型サービスにおける便益評価と顧客満足モデルに関する考察
森藤ちひろ(流通科学大学),藤村和宏(香川大学)

ベストポスター賞

三者間の関係性深化を促進するサービス・エートスの浸透プロセスに関する分析
伊藤優,白肌邦生(北陸先端科学技術大学院大学)

シミュレーションと最適化を統合した飲食店の厨房設備レイアウト計画−厨房における通路の考慮−
藤井信忠,貝原俊也,國領大介,小山健太(神戸大学) 新村猛(がんこフードサービス株式会社)


The 1st Conference on Serviceology (ICServ2013, Tokyo)

Best Paper Award

Modeling the Dynamics of Service: the Creation of Customer Value
Peter Ylén, Ossi Koivula, Marja Toivonen, Karo Tammela (VTT Technical Research Center of Finland, Finland)

Improving Service Processes based on Visualization of Human-behavior and POS Data: a Case Study in a Japanese Restaurant
Tomohiro Fukuhara, Ryuhei Tenmoku, Takashi Okuma (AIST, Japan), Ryoko Ueoka (Kyushu University, Japan), Masanori Takehara (Gifu University, Japan), Takeshi Kurata (AIST, Japan)


The 2nd Conference on Serviceology (ICServ2014, Yokohama)

Best Paper Award

Exploratory Analysis on Factors of Patient Satisfaction in HCAHPS Databases
Masumi Okuda (Matsue Red Cross Hospital, Japan), Akira Yasuda, Shusaku Tsumoto (Shimane University, Japan)

Improvement of Sharing of Observations and Awareness in Nursing by Voice Tweets
Kentaro Torii (Toshiba Corporation, Japan), Naoshi Uchihira (JAIST, Japan), Yuji Hirabayashi (Shimizu Corporation, Japan), Tetsuro Chino, Takanori Yamamoto (Toshiba Corporation, Japan), Satoko Tsuru (The University of Tokyo, Japan)

Best Practitioner Award

Kizashi Method - Grasping the Change of Future User's Values –
Takuya Akashi, Yukinobu Maruyama (Hitachi, Ltd., Japan)

Outstanding Presentation Award

Aligning Product-Service Offerings with Customer Expectations
Paolo Gaiardelli, Giuditta Pezzotta, Barbara Resta (University of Bergamo, Italy), Lucrezia Songini (Eastern Piedmont University, Italy)

Co-creation Dynamics for Service Innovation
Chinhui Ang (UCSI University, Malaysia), Ja-Shen Chen (Yuan Ze University, Taiwan)

Exploration of Service System and Value Co-creation Mechanism in Islamic Banking in Pakistan
Amna Javed, Youji Kohda, Hisashi Masuda (JAIST, Japan)

Modelling of Shopper’s Behavior Process in “Planned Buying” or “Impulse Buying”, and Verification of Distinguishing between Them
Satomi Tokudome, Shinya Muramatsu, Koji Yoshida, Koichi Kobayashi, Hiroaki Shirahama, Mizuki Nakajima, Hiroshi Hashimoto (AIIT, Japan), Satoshi Suzuki (Tokyo Denki University, Japan)

A Strategic Approach to Implement Service Design Activities and Technologies in Service Industries
Kentaro Watanabe, Ken Fukuda, Takuichi Nishimura, Yoichi Motomura, Masaaki Mochimaru (AIST, Japan)


The 3rd Conference on Serviceology (ICServ2015, San Jose)

Best Paper Award

Methodological Reference Model for PSS Development
Tim C. McAloone (Technical University of Denmark, Denmark)

A Service Innovation for Reducing Food Adulteration Problem in Bangladesh
Iffat Tasnim Haque, Youji Kohda (JAIST, Japan)

Best Practitioner Award

Qualitative Simulation for Early-Stage Service Design
Yoshiki Morishita, Fumika Murakami, Koji Kimita (Tokyo Metropolitan University), Shigeru Hosono, Sayaka Izukura, Hiroshi Sakaki, Eriko Numata (NEC Corporation, Japan), Yoshiki Shimomura (Tokyo Metropolitan University, Japan)

Best Presentation Award

Improving Customer Experience in Co-kitchen
Pei-Yi Lu, Yuan-Chi Tseng (National Chen Kung University, Taiwan)

Managing Media Flow: Optimizing Mobile Connectivity
Ananth Srinivasan, Darl G. Kolb, Sarah Henderson (University of Auckland Business School, New Zealand)

Building a Conceptual Preference Model based on Personal Purchase Records for Retail Service Improvement
Marina Fujita, Toshiko Aizono, Koji Ara (Hitachi, Ltd., Japan)


The 4th Conference on Serviceology (ICServ2016, Tokyo)

Best Paper Award

Service Digitalization and Information Ecology: Towards Inclusive Solutions in Finnish Social and Health Care Services
Satu Pekkarinen (Lappeenranta University of Technology, Finland), Mervi Hasu, Eveliina Saari (Finnish Institute of Occupational Health, Finland), Helinä Melkas (Lappeenranta University of Technology, Finland)

Omotenashi Management in Onsen Ryokan: A Case study of Kurokawa Onsen in Kyushu, Japan
Shunichiro Morishita (Kyushu Sangyo University, Japan)

PAGE TOP